時間、リズムのバロメーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間をお知らせする存在

それは、時計だけでありません!

今日のゲスト様も、すてきなご夫婦のお話でした。

だんな様は、なんと、時間をおしえてくれる存在。

もう、ごはんの時間だよ。とか、

もうそろそろ、お仕事おわりだよ。とか

きもちいい朝だね、いってきまーす。とか

パートナーがいるから、時間があることに気づけて、

生活にリズムやメリハリが生まれる。

いなかったら、時間を忘れて、自分勝手にいきすぎて、

バランスがおかしくなるというわけです。

そんな存在のご夫婦っていいなあーって思います。

相手に意識をむけて、ともに生活をするって、リズムをとる存在になるっていうことなんですね。

今日はいっぱい、自分にメッセージがはいってきました。

パートナーの存在って、

自分が生きているって感じられる存在。

自分に、時間という概念をおしえてくれている存在というわけです。

今日あった事をしゃべって、寝ていく。

相手の呼吸にあわせるように。

しゃべりたくなるような存在であり、

そして、自分が楽になるような存在。

パートナーって、バロメーターの役割なんだなって、あらためて感じました。

そういえば、ごはん時に電話してくる人・・・とか、たまにいますが

ごはんとか、寝るとかを、共に生きるって、いい。

何でもないことをともに味わえる、感じあえる。

それって、感度があうってことなんでしょうか。

だんな様が、バロメーターであるっていう自覚があるっていうのが、

本当にすてきだなと思いました。

時間、リズムをとってくれるもの。

ペースをたもってくれるものは

☆大切な「人」の存在

☆胃腸

☆肝臓

☆味覚

☆臭覚

☆触覚

・・・・

数えきれないくらいのバロメーター

あなたは、どれだけ持っていますか?

バロメーターの存在を感じられていますか?

感じるバロメーターが多ければ多いほど

幸せ感がまします。

そんな幸せからくる、やわらかい背中のゲスト様にふれて、そう感じました。

そして、バロメーターがある方は、めちゃくちゃ回復度がはやい!

これもすごく驚きました。

前回のお身体とは別人。

具体的には、背中の表面がつるつる。そして、表面がやわらかくなってて、

腰も、足も細くなっていて

肩の大きなゴムのようにのびきりがちだったコリがとれていました。

途中、お手洗いで、かなり老廃水分をデトックスされたようで、

それも、トリートメントのようだとおしゃっていたのが、印象的です。

まとめ

時間の存在、リズムをおしえてくれるバロメーターは大切

お身体のバロメーター、時間、リズムのバロメーターを

どれだけ感じられるかで、望みが実現するスピード感があがります☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*