生理とうまくつきあう3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

自分とうまくつきあって

女性性をを生かす心身ケアって

すごく大切。

 

女性がうまくつきあわなければならないものといえば・・・

そう、【毎月くる月経】です。

月を経る

経過する

「うまく過ごす」

これは女性の一生にとって、

心身の両面にとってとても大切なことなんです。

 

目次

1:生理と骨盤と連動している骨

2:生理痛、PMSの解消策

3:生理前の頭痛の原因

4:生理とうまくつきあう3つのポイント(まとめ)

1:生理と骨盤と連動している骨

子宮を支える仙骨を中心に

守っている

女性にとって最も重要な骨といっても過言ではない

骨盤

 

 

l201004231500

 

 

この骨盤って、

実は、連動してるのです☆

頭蓋骨

肩甲骨

骨盤

この3つの骨は連動しています。

昔の人はそれをよく知っていて、

 

お産の後は

目をつかわない=肩甲骨ががちがちになるから、頭蓋骨が緊張するから

重いものをもたない=骨盤がゆがむから

生理とともに、頭痛、肩こりがひどくなるのには、

骨盤と、頭蓋骨、肩甲骨が

連動してうごいているから!なんです。

t02200147_0500033313532851521

2:生理痛、PMSの解消策

 

生理の度に、カラダのどこかに

痛む場所があれば、

それは、一生懸命、

必死に開こう(動かそう!)としている

証拠です。

つまり、動きにくい場所なんです。

動きにくいから、必死でがんばって、

痛みをともなってでも、動かして

骨盤を動かせて、生理になろうとしています。

子宮内の今回はつかわれなかったものを

外におしだそうと、がんばっています。

 

つまり、解決策は、動きやすくすること☆

骨をスムーズに動きをよくするのが

筋肉☆

 

肩甲骨まわりの筋肉を

動かしやすくしてあげることです!

肩甲骨まわりのメンテナンスを

丁寧にすること

これは、生理を楽に、楽しむコツでもあります!

 

 

 

3:生理前の頭痛の解消法

生理前、なぜに

頭痛になってしまうのでしょう・・・

生理前

頭痛になってしまうあなたに

まず、一言で、

頭痛になる仕組みをお伝えします☆

 

頭痛は整体的にいえば

単純に・・・

背中がひっぱられて起こります。

 

うすい頭部の皮膚が

ひっぱられることによって発症するといわれています。

つまり、皮膚がうしろから引っ張られる!

=内臓が重くなるとき

=骨盤が生理血をためて重くなって、

ひらこう!だそう!としているとき

まとめると、

主に2つ、頭痛の原因が考えられます☆

こんな時に頭痛って起こる! ↓↓↓

1、内臓が重くなるとき=老廃物で重くなるとき

2、骨盤がひらこう(生理がはじまる前の現象)としているけど、

骨盤と連動している肩甲骨、頭蓋骨 ががちがちで、動きづらいとき

 

4:生理とうまくつきあう3つのポイント(まとめ)

解消法を3つにまとめると

①食べ過ぎない(特に老廃水分の多い糖分)

②考え過ぎない=ストレスをためない

③肩甲骨、骨盤、全体を動かしやすい状態にしてあげる

 

①②③どれも、はずせない。

でも、①②は、正直コントロールできる方、

コントロールが苦手な方がいらしゃいますよね。

食べ過ぎたり、考え過ぎたりをとめることはむずかしい!!

 

 

ずばり、③さえすれば、①②は、いつの間にか

コントロールできちゃう!

肩甲骨、骨盤、頭蓋骨 を動かしやすい状態にしてあげることです☆

 

 

肩甲骨、骨盤がちがちを卒業することが

まずおすすめです☆

①②は、コントロールしようとすると、

ストレスだからね。どうにもならないから、

どうにかできちゃうものから、まずしてみて下さい☆

 

肩甲骨、骨盤の弾力性をつけることは

やわらかくて

あったかい、しなやか、

見かけだけじゃない

女性性を高めたい方に

おすすめの解消法です☆

 

ぜひ、実行にうつしてみてください♡

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*