プロフィール

平尾 沙恵

平尾 沙恵
Own Treat (オントリート!)代表
骨盤ナビゲーターアロマセラピスト
小顔&骨盤調整スウェーデンマッサージセラピスト&ナビゲーター

兵庫県宝塚出身。

高校時代フィンランドで1年過ごしたことが、ボディセラピストの原点。自然と寄り添い身体を慈しむ生き方、アートのある生活を体験する。

帰国後、日本独自の世界観、身体の整え方、様々なボディワークのワークショップなどに参加し、学びはじめる。

中学時代のいじめの体験、祖母の認知症介護などの影響をうけ、
頭をうごかすことではなく、感覚をみがくことが少なすぎる日本の学校、会社の組織に違和感を感じ、最後まで自分の足で歩く生き方を目指し、感覚をきたえるアートや文化を生かしたい想いで活動しはじめる。

大学卒業後、京都の和装アパレル会社に入社、海外生産管理・デザイン担当。
妊娠を機に、滋賀に移住し、半自給自足生活をスタート。子育て中、衣食住をきわめようと目の前でとれた野菜でマクロビオティック、草木染め、アフリカンのパーカッションバンドに参加、イベント制作など様々な分野の活動をする。その間、衣食住へのこだわりが、産後うつ、子育てストレス、人間関係などで、何も手につかない日々もあり、挫折。結局「自分の身体と感覚さえ整っていればなんとかなる」「自分がどうあるかがすべて」という原点にたどり着き、自分の身体、子どもたちの身体とのつきあい方を模索しはじめる。自身の子ども時代、感覚を育てる体験をたくさんさせてくれた両親の思いを引き継ぎ、感覚を重視した育児に専念する。

2001年、滋賀に移住と同時に、ヨガに出会い、興味のあったカラダのもつ治癒力を高める活動に専念するため2006年ヨガマスターであり鍼灸、整体療法師である矢上裕氏に師事し、ヨガと鍼灸療法を融合した自力整体のナビゲーターになる。同時に英会話講師、バリスタコーチなどの仕事を通じて、人とのコミュニケーション、コーチングを学ぶ。

そして、人生をかえることになった“ハグモミ”という本に出会う。

身体のとらえ方、つきあい方に、強く共感し、自力整体などのセルフケアだけではなく、今までやってきたサービス業から一歩すすんで、ダイレクトに人の手の力、あたたかさをもっと生かしたいという思いから、ハグモミの著者、手島渚氏に師事、スウェーデンマッサージを中心に学びはじめる。

2013年に、「NARD JAPANアロマセラピーアドバイザー」「日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級」を取得。

表参道ヒルズWHOLE TREATボディワーク研究所、手島 渚氏のもとアロマオイルトリートメント、リフレクソロジー、アロマフェイシャル、足ほぐし手ほぐし、スウェディッシュマッサージセラピスト取得

会員制ホテルのスパセラピストとして、1000人以上の身体にふれ、リフトアップフェイシャル、整体、リンパケアなどその方にあった施術と、セルフケアアドバイスで指名率NO.1になる。「今までにないスッキリ感があった」「身体とのつきあい方をかえてくれる」「自分が解放された」など心身両面にわたる声をいただく。

「考えるな感じろ」のシーンをふやし、暮らしの質アップを目指すため、以下3つの信念のもと、滋賀県初スウェーデンマッサージ専門サロンOwn Treatをたちあげる。

サロンコンセプトは「冷えとコリを根本的に解消し、感覚を磨き、あなたのポテンシャルを高めるスウェーデンマッサージのサロン。」

「good care good design」「すべては感覚から!自分のケアをすることはよりよい人生をデザインすることにつながる」をモットーに、冷えとコリを解消して、感覚をあげるために、全力でサポート。

ほっこりとゆるまりながら、身体とのつきあい方を身につけ、体温36℃代をキープ、あたたかくやわらかくあなたらしく生きる大人の自分磨きを楽しむサロンを運営。