Own Treatスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Own Treatのトリートメントは

いつも斜めから

1対1対3みたいな

(数字にたとえると、余計、わかりにくいかも・・・)

ただ、あるのは、

人と人との対等な関係

どこまでもフラットで、

心地いい距離感を保ちながら

お身体に触れさせていただいています。

「ここのサロンって、怒られないんですね」

とよくゲスト様が、おっしゃられます。

私も、12年前、病院で、おこられたことあります。

(12年前から病院いってない・・・)

逆に、何で、あなたに

怒られるねん・・・って思いました。

だって、自分の心身をこわしてしまった原因があって、

それは、なんとなく自分でわかっていても

やってしまって、コントロールできなくて、

助けをもとめてきているのに...

的確に、サポートして下さい!っていう

気持ちできているのに、感情に訴えかけられ、

またさらに、気持ちがなえたり、傷ついてしまう。

このお医者さまと、患者の関係性とか、

治療家と患者の関係性とか

先生と生徒の関係性とか

親との関係とか

恋人との関係とか

これって、すべての関係

距離感にいえること。

距離感って、生き方がでますよね。

この距離感が、偏ってしまった例をあげてみます。

依存タイプ

1、だれかどうにかして!依頼心強いタイプの方

先生どうにかして!

という気持ちが強い方

怒られていい気持ちになる方で、

ゆだねたいっていう気持ちが強い方。

ごっそり、自分の心身をまるごと

あなたにおまかせします。というスタンス。

もうだれかがどうにかしてくれるだろうって、

いう気持ちが強くて、生きているタイプ

自己完結タイプ

2、自分でどうにかしたい!自己治癒タイプ

自分でどうにかするんで

いらないし、人の意見にも左右されない。

一生懸命伝えてもらっても

聞き入れないよ。

わたしは、わたしのやり方、思い込みで

生きてますから。

1、2も、度合いが極端にいった場合を

書きました。

1、2どちらのタイプがいいわるいではなく、

極端に偏ってしまうと、そういう傾向がでてくるよ・・・という

例をあげてみました。
偏ることなく・・・バランスをとりながら、

ゆられながら、いい方向へ。

心地いいバランスへと向かうと感じています☆

Own Treat スタイル

ここの距離感って、すごく大切で、

わたし自身、医者でも治療家でもありません。

ただ、できることをさせていただくだけ。

だから、診断もしないし、

言い切ることもしないし、

そもそも身体や心に関しては言い切れないと思います。

ただ、意見や感じたことを、第3者の視点や

自分の視点や、その方の視点を織り交ぜて、

受け取り、感じ、伝える作業をくりかえしています。

それが、Own Treatのスタイル。

この曖昧な境界線のないような

あの世とこの世の境目のような世界

みえるようで、見えない

見えないようで、見えてくる世界

そんな世界観を

味わってみると

あなたの境界が変化していくかもしれません。

☆感覚をみがくと身体から人生がかわる☆

スウェーデンマッサージ・アロマフェイシャル
マインドからあがる☆セルフリフトアップ講師(星くるみ監修)
自力整体ナビゲーター

Own Treat 平尾さえ

ブログ:https://owntreat-blog.com/
予約サイト:https://reserva.be/owntreat

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*