骨盤バイオリズム vol.2骨盤とつながっているところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女の骨盤

女性の骨盤まわりって

触れるだけで、状態がすぐに手にとるように

わかります。

緊張がつづいていたり、

アタマをたくさんつかっていたり、

気をつかっていると、

がちがちです!!

さらに、最近では、目を酷使していることが多いので、

肩甲骨ががちがち

骨盤まわりの緊張感が高い

骨盤って、いろいろ、つながってます☆

今日は骨盤バイオリズムシリーズ 2

【骨盤バイオリズム】

1、骨盤と骨格系のつながり

骨盤とつながっているところ、5つあります!

どこでしょう?!

肩甲骨

眼筋

頭蓋骨

足首

ざっくり、骨格的にはこんな感じです。

だから、足首に痛みがあるからって

足首がわるいわけではなく、

もしかしたら骨盤のずれが

足首に響いてきているとか

足首にきてるから、膝にも負担になって

膝もおかしくなったりとか。

逆に、足首をねんざしてしまって

骨盤まわりにダメージがきたり。

その例が妊婦さんが、ねんざをしてしまうと

流産してしまう危険性が高まるそうです。

妊婦さんにとって、

足首を柔軟にしておくこと、

足首を冷やさないこと

って、すごく重要です☆

2、骨盤と内臓のつながり

骨盤まわり=

お尻が、ひえひえだったりすると

お腹まわりも冷え冷えだったりします。

内臓と骨盤も主に3つ

関係がふかくて・・・

生殖器

腎臓

近くにある臓器や、骨盤でまもられている臓器と

関わっています。

腸→

腸がうごきづらい状態=胃腸の調子がわるい状態って

骨盤が前傾していて、背骨まわりがつまって、胃腸のうごきが

わるくなってしまう場合。

逆に、胃腸の状態がよくなくて、内臓がさがって、骨盤まわりもがちがちに。

生殖器→

冷えと関係しています。

骨盤まわりがあまりうごいていない状態だと、

血行がわるくなり、生殖器のデトックス(=月経など)が

うまくいかない場合。

腎臓→

腎臓に負担がかかっている状態って、

腰まわりの緊張がすごく強くなります。

連動して骨盤のうごきも鈍くなっています。

何かしら、骨盤まわりにコリがある方は

腸の調子がよくないんです

とか

「いつもすっきりしなくて」

「生理痛がひどくて」

と言われる方が多く

腰まわりがすっきりしてくると

顔の表情まで変わられるんです

 

3、骨盤まわりのケア

自分で言うのもなんですが・・・

骨盤まわりのケアは得意。

スウェディッシュマッサージ+骨盤整体で

骨盤まわりにすごく変化があります☆

Own Treatの施術を受けつづけていただいている方は

必ず、腰まわりのすっきり感を感じていただいています。

腰がたつ

腰がおきている状態になります。

これって、日本人にはすごく大切だったんだなって

着物生活をしてみて感じたことです。

腰がおきている

丹田が開放されていて、

エネルギーがたくさん行き来できる状態にあるっていうこと。

骨盤まわりの

動き、

気の流れをよくしておくことは、

身体だけではなく、

気持ちにも変化があり、

さては、生きる姿勢や、思考、行動にまで

大きな影響を及ぼしているなって感じています。

骨盤の相性も♡大切な要素かも!

これ↑今、密かに・・・研究しはじめたテーマです

 

 

明日は

骨盤まわりの巡りを整えること=日本人にとっての骨盤

あたりをテーマに書きたいと思います

お楽しみに☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*