みえないところと向き合う勇気 コリをつくるところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春のデトックス期間
どのようにお過ごしですか?
身体が、どんどん鼻水とか、くしゃみとか、せきとか、
からだが物質的なものを放出するのと同時に、
あわよくば、感情もデトックスしていきたいものです。
感情を開いていく
自分の中の汚いものにも目を向ける
そんな必要あるんか?と思われたかもしれません。

今、あなたが、なんとなく不調を感じていらっしゃる。
なんとなく、イライラする。
なんとなく、すっきりしない。なら、
その『なんとなく』が、みえないところに潜んでいるから。
もっと大きな規模でいえば、
今の日本は、そのなんとなくの集大成の時期なのかもしれません。
文化も経済も、衣食住も、分断した目でしか
狭い目でしかとらえられなくなってしまったことに
危機感を感じます。
話がそれましたが・・・
もやもやを、すっきりさせる。
自分のみえないところと向き合って、受けとって
だしていってあげる。
それをくりかえしていくことが、『すっきり生きる、シンプルに好きなことをする』への道です。
みえないところと向き合うがテーマです。

みえないところと向き合うのがおすすめな理由3つ

1、みえないところと向き合うことで、感覚が研ぎ澄まされる

みえないところと向き合うことで、今まで気づいてもらえなかった身体のコリに
気づきだします。そのコリを無視していたことで、とじていた感覚が、
だんだんと敏感になっていきます。
呼吸の浅さ、身体の動かしにくかった部分にも、気づき始める。
そうなると、後はよくなる方向へと、身体が勝手にすすみだしてくれます。
気づくということは、感覚が豊かになる、働きだすということです!

2、みえないところにも、本来の自分の姿がある。

いくら自分のみえる部分をきらきらさせたとしても、心の中のわだかまりは、

必ず相手に伝わるものです。自分の本来の姿、きれいな自分だけじゃない、汚い部分。

あって当たりまえの、どろどろした部分。そういうものと向かい合わなければ、

汚い部分をためこむ一方なんです。全部ひっくるめて、自分の姿としてとらえてあげると

本来の自分の姿、全貌がみえはじめます。わからなかった自分の全貌が、みえます。

全貌がみえたら、自分の生き方、とらえ方がもっとシンプルに楽になっていきます。

3、どんな感情をのせるかで、物質をかえることができる

有名な話で、水の結晶のお話があります。愛してるよって声をかけた水の結晶と、

怒りを伝えた結晶、無視しつづけた結晶のカタチがかわったというお話。
どんな感情で、日々モノゴトと向き合うかで、すべての結果がかわってくるっていうこと。
因果応報。原因があり、結果がある。自然の摂理でもあり、当然のことなんですが、
感情っていう目にみえないものが、すべてカタチとなって表れてくるということです。
だから、感情を磨きつづける。
感情って、無理矢理だすものではなく、
勝手にでてくるものだからこそ、
日々、磨きつづけることに、意識をむけてあげるのって、すごく大切だと思っています。

みえないところと向き合えない人の特徴3つ

1、自分が傷つくことを最もおそれている。

自分が傷ついた時への、恐怖や、不安が、ずっとこびりついて離れていかない場合です。
恐怖や、不安は、経験によって克服できます。傷つく経験が少なければ、
そもそも練習できないから。
練習できないと、どうすればいいかが分からないから、不安や恐怖が生まれる。
練習してる中で、気づくことですが、
そもそも、傷つくって思わないっていう方法もあります。
被害者意識にならないってこと。人に傷つけられない。
自分は傷つかない。傷つけられないし、ただ、ちょっぴりまちがえちゃっただけ。
まちがえたことと、向き合うだけ。そっから、でっかい学びが得られる。
ビッグチャンスに変換してしまうこともできます☆

2、人によく思われたいための行動が基本。

すべては、人のためにやっているから、人にどんだけやったかを伝えたがる方は
人によく思われたくて、生きている方。(私もそうだったからよく、わかる)
自分をもっと愛せていたら、自分に自信があれば、人からよく思われることに
労力をはらわなくてよくなります。
そんなこと、どうでもよくなっていく。
それよりも、人によく思われたいっていう気持ちからではなく、
心から、思って自分の信じることを行動していれば、勝手に人によく思われます。
きっと。
人によく思われたい>>>の裏にある自分の気持ちと向き合うと、よく分かります。

3、人の声、ことばを、素直に受け取れない。

声や、ことばは、音。

音がはいってこない、遮断されている。
五感がひらいていないってこと。
すべてを受け入れるっていうことではなく、一旦それをきいてみる。
聴くだけでいい。
まっさらな気持ちで聞いてみる。
聞けないと、みえないところと向き合えません。
みえないところって、深いところ。深いところまで、落とし込めるかどうかが
世界や器のでかさをつくりだします。

みえないところと向き合う勇気

みえないところと向き合う勇気
結構、勇気いりますよね。
みえないところを掃除することからはじめてみてください。
身体でも、
自分の部屋でも、
台所でも
トイレでも
そして、心のデトックスにたどり着きます
まずは、身体の大掃除がおすすめです☆
一番わかりやすい大掃除です。
いっぱい、掃除すべきところを発見してみて
向き合ってみてくださいね☆
これから↓おすすめです。
みえないところと向き合う行動3つ
1、丹田を意識する
2、ゆっくり動く、ゆっくり考えるを意識する
3、ありのままの感情を今、この瞬間にだしきってみる
次回は、みえないところと向き合う行動3つを
もっと具体的てにほりさげていきたいと思います☆
お楽しみに。
花の季節を、おたのしみくださいね
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*