過去を手放す=コリを手放す(話す)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先週末に・・・元職場の友人から連絡がきました。
そして、今日、ついに
コーヒーの本、ほぼ一式を手放しました。
一式を整理してたら、
貴重なもの(父が今までの人生について、還暦の時に振り返り書いたもの)が
でてきて、以前読んだ時には、ピンってこなかったことが
バシバシ書いてあって、ぎゅっときて、だれかにお話したくなったり...
整理していると、掘り出し物があるから
好きです。

 IMG_0038
やるならとことんまで、深くいきたくて、
集めて眺めて、共に、考えてきたモノたちに、
久々に対面しました。
なんで、こんなものを・・・と大切にとってあった
愛情注いだものたちに、さようならを告げました。
ほこりをかぶってしまわないように...。

 

大切だったモノを手放すっていうことは、
しがみついていたものたちと
思いきってお別れをしすること
新たな自分へ、しっかりふみだすこと
背中をバンって押されている感じです。
そして、背中、背中
ここにコリがたまりやすいようです。
感情がたまります。
背中は人生を語る・・・は本当。
背中にふれれば、その方の心理状態を感じます。
背中をゆるめることは、
感情にきりこんでいくしかないようです。
その第一歩が
過去を『手放す』ことなのかもしれませんし、
中につまってだせなかったものの、『開放』かもしれません。

 1、『手放すこと』

モノと向き合う

パソコンのデータ整理

思考のくせを整理

時間をとって考えているけど、
意味がないもの、無駄だと思う『考えること』をやめる

自分の時間を確保

自分と対話する時間をつくる。

2、『開放すること』

つまっているところ、閉じているところに気づく

動かす

手の力でゆるめる

呼吸でゆるめる

植物の力でゆるめる

気持ちをゆるめる

開放する勇気

背中は一番好きなところです。
その人自身だから。
愛すべき背中へ。
まずは、背中を感じること
背中とお話することから。
PS.手放すきっかけを与えてくれた元職場の方に感謝
丁寧に手放すこと
って、すごくいい。です
☆Own Treat☆
Own Treat Blog
https://owntreat-blog.com/
ご予約
https://reserva.be/owntreat
イベント(満員御礼)
http://www.reservestock.jp/events/119080
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*