心配がつくりだすコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【なんだか、いろいろ心配になられる方へ。】

不安や心配性で、ずっと、

こんなわたしで大丈夫かと悩まれていると

ネガティブなことを考えがち。

心配や不安自体は、常につきものですが、

この場合は、心配や不安を武器にできない場合のこと。

心配や不安がとどまる場所が分からない場合です。

人は元々、

ネガティブポジションからのモノの見方が

楽で、そちらにながれがちのようです。

ただ、それは大勢多数の見方。

それで苦しい時は、

少数派をやってみる

少数派のモノの見方を

練習していくしかないのです。

ここからは、ぜひ、フラットになって

無になって、読んでみて下さい☆

わたしは大丈夫なのかと心配になる場合は、

正しいか、間違っているか

で判断されています。

世界には・・・

正しいものも、間違いもないと思っています。

なぜなら、世の中は、

変化しているから。

常にうごいているから、

3秒後には、さっきまであっていたものが、

まちがっていた・・・なんて風になるのです。

それに、たとえ、今している習慣が

正しくないとしても、それはそれで、

合わなければ、やめればいいし、

正しくないからといって、間違っているともいえない。

正解ばかりを求めている方は、

いつまでの、そのトンネルからぬけだせず、

さまよい続け、正解なんてないことに気づきます。

今のあなたにとって、OKだったらいいんです。

それが、唯一ある、正解。

 

周りから動かされるのではなく、

周りに言われて、動くのではなく

自らうごくこと

自らが由としてうごく

あ!これが自由 ってことの本来の意味なのかも。

その人にとって、由とすれば

それが、理(ことわり)のなかの由であれば、理由

理=筋が通っていること

でも、自らのなかの由であれば、自由

自由って、

マイナスな意味にも、

プラスな意味にも受け取られることが多い気がします。

ことばのつかい方一つで

行動がかわります。

未来もかわります。

lgf01a201404080700

自由という言葉の本当の意味をとらえることが

カラダにとっても、ココロにとっても

さらには、

社会の中での自分をみつめる・・・

今、生きている世界の中の自分をみつめることに

つながってくると感じています☆

自由なカラダに。

PS>夏休みのスペシャルなケアを企画しています

お楽しみに♡


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*