便秘→下痢→便秘をストップ!する3つの行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏のあったかエネルギーが
身体をポカポカ満たせなくなって
心身
特に、胃腸が、オーバーワークになったとき、
腸がずど〜んと下がっている感覚。
内臓の機能がさがると、
胃腸がおっこちていきます。
内臓をささえる筋肉がおとろえて、
下半身が、重くなっていってしまいます。
そして、特に最近よくきくのが、
下痢→便秘→下痢→便秘
をくりかえすタイプの方

気をつけたいのは、
真っ先に食べ物
同時に、リンパ、筋肉のケア
自律神経系へのケア
目次
1:胃腸の不調な時に3つするだけ
2:胃腸が不調な時におすすめな食:陽性タイプ
3:胃腸が不調な時におすすめな食:陰性タイプ

1:胃腸の不調な時にやってみよう!3つ☆

 ①食べるものを改善(詳しくは次の2と3で)

   手づくりで、ごはん、みそ汁、副菜
   シンプルにこれを3日間はつづけてみてください。
   人によっては、1週間くらい。
   それ、無理やわーっていう時は、
   ゆっくりかんで味わって食べる
4PYvMsw18XycX4J_6tEz5_15

 ②からだをゆるませる

  あなたにとって、ゆるまる何かを
  毎日やりつづけてください。
  おすすめは、15分自力整体
  身一つで、15分だけ、時間をとってあげればいいだけです。
  最初は、5分でも。
  習慣になってくれば、身体がもっとやりたくなってくる!
   人は睡眠中に整体になる生き物。
   でも、それがうまくいってない場合
   ゆるませることで、筋肉、リンパが機能を果たしてくれますし、
   自律神経も整います。
   だから、自分でゆるませる

【ゆるませる】

ゆるまるということ自体、マイナーなことばなので
少し、解説をしておきます☆
ゆるまるっていうのは、別にふにゃふにゃになるっていうわけではありません!!
ふらふらして、力がない様子でなく、
芯はしっかりあって、自由で開放されているイメージです。
肩の力がぬけていて、呼吸が深く
穏やかである状態。
集中力も発揮できて、自分の能力を最大限生かせる
そんな心地いい状態のことです。

自分でゆるまる(=気をめぐらせる)

  →自力整体、ヨガ、運動 などボディワークから。
   美味しいものを食べるなど、食から。
   温泉旅行、パワースポットなど、自然界から。

人にゆるませてもらう

  →マッサージ・鍼灸・整体院などボディワークから。
   一緒にごはんを食べたりしゃべること 食+人から
   セッ○○する(←これが一番ゆるまる?!笑)
アロマだって、音楽だって、
好きなことをすることだって、
ゆるまる方法は、たくさんあるので、
あなたにぴったりな【ゆるまること】を
この夏、たくさん体験して、ゆるませてあげてください☆

③動かす

   20分歩く、
   早歩き
   大股で
②のゆるまる自力整体の後がおすすめ
なぜなら、丹田からうごけるようになるから!
身体全体をうごかす運動は
大股で、早歩きで、20分歩くのがおすすめです。
リンパの流れをよくしてくれる筋肉をうごかし、
腸の蠕動運動を活発にしてくれます!
①②③どれも、自分の意思さえあればできるのですが
一人では、どうもできない。
一歩をふみだせない。
続かない。という方は
がっつりサポートさせていただきますよ☆
※あくまで、わたし個人の経験&体験から。
自己判断せず、胃腸の不調が長くつづくときは、病院にて検査して下さいね。

2:胃腸が不調な時におすすめな食:陽性タイプ

かたくてころころしていて量も少ない方は、陽性の便秘。
顔色が赤くて手足はあったかい、暴飲暴食が原因なのが陽性の下痢
動物性食品をへらす
梅で浄化を(梅干しの他、梅酢、梅肉エキスなど)
繊維質の多いたべもの(小松菜、ごぼうなど根菜)

3:胃腸が不調な時におすすめな食:陰性タイプ

運動不足などが原因で、腸がゆるんで便を押し出す力が弱まったのが陰性の便秘
顔色が青く手足が冷たく、呼吸がはやく、ぐったりしてくるのが陰性の下痢
塩気をしっかりとる
梅で浄化を(梅+しょうゆ+番茶の梅しょう番茶をのむなど)
あたためるもの(しょうが)
胃腸が不調な時は、
何もやる気がでないもの。
体調を整えるには、
自分の身体のリズムを感じることが大切なようです!
あなたにとって、最高のリズムで生きれますように☆
2d3eb5e8-588d-4b68-a816-9a4dacfcb2ea
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*