春は身体を整えるビッグチャンス☆である5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春のからだ

 

最近、おなかが、かたい方が多い。

これ、春特有の症状かといろいろと調べていたら、

すべての緊張はみぞおちに。

くるらしいのです!身体のどこかが緊張したとき、

必ずみぞおちが硬くなる。

 

よく思い返してみると、みぞおちが硬い方は

アゴ、アタマ、クビの緊張がなかなかぬけない方というのが

わかりました。

春は、アタマからおりてくる気の流れもピークになるので、

アタマやカタで、流れがつかえてしまっていると、花粉症になります。

アタマやカタの硬さをとる。冬モードの緊張感をぬく。

つまり、みぞおちもゆるめていくことがすごく必要な季節なんです。

 

春は自然界の気の流れがアップするので、

身体もにぎやかーになっていきます☆

そこに、つまっていたら、『まつり』がはじまってしまいます!

鼻水まつりとか、涙まつりとか・・・

 

まつりを体験する前に、ぜひ、ゆるめてあげてください☆

 

春は身体を整えるスタートに最適な季節

なぜか・・・

 

理由1.春は骨盤のうごく季節だから

「骨盤はうごくもの」これは以外かもしれません。
私たちは、普段の生活で、肩をぼきぼきいわせたり、まわしたり、肩甲骨まわりのうごき
ひざをつかいすぎたーといって、膝の関節など、「うごいているなー」と意識できるところ以外は
意識できていません。
残念ながら、胃腸のうごきもコントロールするのがむずかしい状況です!
それなのに、骨盤がうごくということはびっくりされるかもしれません。
ただ、なかでも女性は意識しやすいと思います。
なんといっても毎月、骨盤変動を体感しているのですから!
つまり、女性にとって毎月くる生理で、骨盤がうごくのです。
骨盤がうごくといっても本当に微妙なもの...
骨数ミリのうごきらしいです。それで、排泄がはじまるのですから、人の身体って、
本当に繊細でかつよくできていますよね。
このうごきを活用して、身体の土台である骨盤を蘇らせる、巡らせる、整える、機会を得ることになります。骨盤がうごくということは、身体を変化させるビッグチャンスなのです。

理由2.春は骨盤がひらく季節だから

骨盤がうごくお話は1で、しましたが、「今度は骨盤って、どううごくのか?」に話題をうつしていきましょう。

骨盤のカタチってご存知ですか?蝶番(ちょうつがい)のようになっていて、閉じたり、開いたり、チューリップみたいに、大事なところをつつんでいるようなイメージ。

もう一つ、仙骨っていう骨が起点になって、一般的に、
リラックス時→ひらく、
緊張時→とじる
たとえば、今から全力ダッシュで、駅まで走らねば、間に合わないーーーっていう状況だと、
身体が加速をはじめるために、キュッと骨盤を閉めて緊張させて、交感神経をフルにつかい、
猛ダッシュできたりします。
自動的に感知して、自動的にゆるめたり、しめたりできる、
身体の調整機能の要となっている箇所といえます。
その骨盤、一日のうごきでも開閉しているのですが、季節でも開閉するのです。
想像してみてもわかるのですが、沖縄の人が北海道にいくと、もう寒くて耐えられないのは、
寒いのに耐えうるからだがつくれてないからといえます。
その寒さに耐えうる身体(冬の身体)から、熱を放出できる身体(夏の身体)へと移行するのが
春なのです。
きゅーっと引き締まった骨盤から、ゆるんだ骨盤へと、シフトチェンジしていく春。
春は、うごく季節。しかも「ひらく」という方向へ。
ひらく骨盤‥‥‥‥いらないものを外にだす。
つまり、毒をだす季節、デトックスの季節。
このデトックスがうまくいくと、一年の健康がきまると、昔から言われていたそうです!

理由3.ゆるまる力を生かして、デトックスできるから

変化はいつも「ゆるむ」というところからはじまります。

 

「骨盤がうごく」というのは、日々呼吸でもうごいてますが、

「季節」という単位で骨がうごく、大きなシフトチェンジの季節です。
骨がうごくということは、骨と骨をつなげている筋肉のシフトチェンジでもあります。
骨がうごこうとしているのに、筋肉がうごきづらい、がちがちの状況では、
元もこもありません。身体はそのがちがちをなんとかして、ゆるめようとします。
花粉の力をかりたり・・・とか、一般的にアレルギーといわれているものって、
大抵ゆるまない身体をゆるませようと
「刺激を自然界からかりている」だけなんです。
他にも春独特の眠気。リラックスして、ゆるめようってしてくれていますよね。
 
ゆるめる身体をつくっておくこと
 
春を心地よく過ごすにはこれにつきます!
※ちなみに、今春は、とにかくデトックス。デトックスは心地よくないけど
 来年の春、心地いい春をむかえるために。
ゆるまる力は、お鼻や目からも、余分な老廃水分をだしていきますし、
ゆるまる力で、強制的にリラックスさせて
 
身体の中のいらないものを外に排出しようとしていきます。
 
このゆるまる力が春の大きな特徴。
ゆるまっている状態であれば、デトックスするってわけではないのです。
ここのちがいを理解してください。
ゆるめようとする力がはたらくこと、変動しようとする自然界からの後押しで
人は変化していきます!

理由4.自然界の恵みを生かして、デトックスできるから

春の自然の恵みって何がありますか?
春は実は、農的にいうと、葉境期なんです。つまり農作物がないってこと。野菜がとれない時期なんです。冬には種から芽がでてくれませんから。
野菜がない状況なんですね。だから、田畑や山の野草から栄養補給できるように、
自然界は本当にうまくできています。
春の草は、苦み、しぶみがあり、これが毒だしには最高の素材です。
Own Treat は、山里にありますが、(めっちゃ田舎ですが)
その恵みはあちらこちらに、みられます。草をたべて毒だしをしている代表格は、わんちゃん。
よくみかけますよね。葉っぱをたべて、吐いている姿。吐くんだったら、食べなければいいのに・・・って思っていたけど、吐くために、食べていたのです!
本当に、本能がなせるワザって、えらいなって思います。
本能的に、苦いものが食べたくなったら、今すぐにでも、行動してください!
野にでて、草を摘み、料理して食す!
最高にデトックスをうながしてくれますよ。

 

理由5.自然界の気がふえる季節で、新しいことをはじめる空気感があるから

3月で終了、4月から新しいクラス、新しい学校、新たな職場などなど、
環境が大変化する方が多いですね。環境がかわるってことは・・・
つまり、新しい自分に変身をとげやすい!!っていうことです。
人間界からのバックアップも得やすいということです。
とくに、この新学期デビューを果たすためには、2月からの準備、ちょうど、この時期からの準備がおすすめです。
2月、旧暦でいうお正月をむかえ、初春をむかえ、いよいよ身体はゆるまっていきます。
その身体のゆるまりを生かして、調整するのは、理にかなっているから。
調整能力が一気に高まりますよ。
自然界から、人間界からの大きな後押しを経て、
身体を変化、自分を心地いい方へと変化させていきましょう!

 まとめ 

春は調整のビッグチャンスである理由

1.春は骨盤のうごく季節だから
2.春は骨盤がひらく季節だから
3.ゆるまる力を生かして、デトックスできるから
4.自然界の恵みを生かして、デトックスできるから
5.新しいことをはじめる雰囲気で、波にのりやすいから

三寒四温を楽しみながら

養生しながら、疲れをためないように。

3月は、反応しやすいお身体になっています。

うまく脱力することがポイントです☆

 

PS>脱力する方法についても、また発信したいと思います。

シンプルに、一番の脱力は3大欲求です☆

アロマも手の力も、脱力の最強のお手伝い☆

春のデトックスコースはこちら→ http://owntreat.strikingly.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*