産後のケア

◇目次◇

1、なぜ産後は冷えるのか

2、産後の冷え改善がなぜ大切なのか

3、産後冷えると・・・・どうなるか。

4、産後ケア、やっていはいけないこと

5、おすすめの産後ケア

 

産後の冷え改善は

女性のライフサイクルにおいて

最も重要です☆

続きを読む

生理とうまくつきあう3つのポイント

 

自分とうまくつきあって

女性性をを生かす心身ケアって

すごく大切。

 

女性がうまくつきあわなければならないものといえば・・・

そう、【毎月くる月経】です。

月を経る

経過する

「うまく過ごす」

これは女性の一生にとって、

心身の両面にとってとても大切なことなんです。

 

目次

1:生理と骨盤と連動している骨

2:生理痛、PMSの解消策

3:生理前の頭痛の原因

4:生理とうまくつきあう3つのポイント(まとめ)

1:生理と骨盤と連動している骨

子宮を支える仙骨を中心に

守っている

女性にとって最も重要な骨といっても過言ではない

骨盤

 

 

l201004231500

 

 

この骨盤って、

実は、連動してるのです☆

頭蓋骨

肩甲骨

骨盤

この3つの骨は連動しています。

昔の人はそれをよく知っていて、

 

お産の後は

目をつかわない=肩甲骨ががちがちになるから、頭蓋骨が緊張するから

重いものをもたない=骨盤がゆがむから

生理とともに、頭痛、肩こりがひどくなるのには、

骨盤と、頭蓋骨、肩甲骨が

連動してうごいているから!なんです。

t02200147_0500033313532851521

2:生理痛、PMSの解消策

 

生理の度に、カラダのどこかに

痛む場所があれば、

それは、一生懸命、

必死に開こう(動かそう!)としている

証拠です。

つまり、動きにくい場所なんです。

動きにくいから、必死でがんばって、

痛みをともなってでも、動かして

骨盤を動かせて、生理になろうとしています。

子宮内の今回はつかわれなかったものを

外におしだそうと、がんばっています。

 

つまり、解決策は、動きやすくすること☆

骨をスムーズに動きをよくするのが

筋肉☆

 

肩甲骨まわりの筋肉を

動かしやすくしてあげることです!

肩甲骨まわりのメンテナンスを

丁寧にすること

これは、生理を楽に、楽しむコツでもあります!

 

 

 

3:生理前の頭痛の解消法

生理前、なぜに

頭痛になってしまうのでしょう・・・

生理前

頭痛になってしまうあなたに

まず、一言で、

頭痛になる仕組みをお伝えします☆

 

頭痛は整体的にいえば

単純に・・・

背中がひっぱられて起こります。

 

うすい頭部の皮膚が

ひっぱられることによって発症するといわれています。

つまり、皮膚がうしろから引っ張られる!

=内臓が重くなるとき

=骨盤が生理血をためて重くなって、

ひらこう!だそう!としているとき

まとめると、

主に2つ、頭痛の原因が考えられます☆

こんな時に頭痛って起こる! ↓↓↓

1、内臓が重くなるとき=老廃物で重くなるとき

2、骨盤がひらこう(生理がはじまる前の現象)としているけど、

骨盤と連動している肩甲骨、頭蓋骨 ががちがちで、動きづらいとき

 

4:生理とうまくつきあう3つのポイント(まとめ)

解消法を3つにまとめると

①食べ過ぎない(特に老廃水分の多い糖分)

②考え過ぎない=ストレスをためない

③肩甲骨、骨盤、全体を動かしやすい状態にしてあげる

 

①②③どれも、はずせない。

でも、①②は、正直コントロールできる方、

コントロールが苦手な方がいらしゃいますよね。

食べ過ぎたり、考え過ぎたりをとめることはむずかしい!!

 

 

ずばり、③さえすれば、①②は、いつの間にか

コントロールできちゃう!

肩甲骨、骨盤、頭蓋骨 を動かしやすい状態にしてあげることです☆

 

 

肩甲骨、骨盤がちがちを卒業することが

まずおすすめです☆

①②は、コントロールしようとすると、

ストレスだからね。どうにもならないから、

どうにかできちゃうものから、まずしてみて下さい☆

 

肩甲骨、骨盤の弾力性をつけることは

やわらかくて

あったかい、しなやか、

見かけだけじゃない

女性性を高めたい方に

おすすめの解消法です☆

 

ぜひ、実行にうつしてみてください♡

 

お顔と骨盤のいい関係

 

ほんとパソコンに

かじりついてる時間が多いと

やつれ顔になってる!やばい〜

 

というわけで、今日はお顔と骨盤の

いい関係♡について。

骨盤バイオリズムでは、

すっきりしてて、

素直に生きれるリズムを

お伝えしてきました☆

 

ガチガチって凝りかたまっていると、

下半身が重ーくなってきて、

血液も、気も、水も、うまく流れていかなくって、どろどろな感じ。

じゃあ、そもそも

骨盤がやわらかい状態とはどんな状態??

骨盤は動いています☆

呼吸するたびに

一日のバイオリズム

季節ごとのバイオリズム

女性のバイオリズム

呼吸や日ごと、季節ごと

そして、子宮にも、腸にも

影響を与え、影響をうけています。

 

さらに重要なのは、

歩くときに動くということ

動きの範囲が広いということは

やわらかく

筋肉がしっかりしていることを意味し

筋肉が引き締まっていること

なぜ、骨盤と顔が関係しているの??

骨盤とつながっているところ

再び思い出していただきたいのですが、

最近、お身体にふれてて、

すごくつながっている!と感じているところが

頭蓋骨と骨盤のつながり。

 

そもそも、整体的にみても、

頭蓋骨と骨盤の動きは関連していて

骨盤の下の方が堅くなれば、

頭蓋骨でいうと・・・・頭頂部、

ツボでいう百会(ひゃくえ)が硬くなります。

 

人は力が抜けている状態のときは、たるんだ表情に、

お尻もたるんでいて

顔のほお骨のまわりの筋肉もたるんじゃっています。

勿論、

力が抜けている状態=やる気がでないとか、気分も沈んでいるときっていう意味で・・・

 

例えば、笑っている顔をみれば、

その方の骨盤状態がわかります。

左右対称?

満面な笑みの方は、
バランスがとれている骨盤

同時に、すごい集中力のある方が多いです。

 

逆もしかり!

骨盤が整っていれば、左右対称の笑顔になるから

笑うことにより、骨盤も整体に!

 
笑うことや唄うこともそうですが、

大きな口をあける→顔の緊張がゆるみます。

骨盤の緊張もとり、弾力がでて、お腹にも力がはいります!

顔のマッサージも同様の効果があります。

顔の表情筋は、骨盤つながっているので、

骨盤の筋肉もやわらかく動かしやすく

顔も骨盤も弾力をとりもどします。

骨盤のうごきも

顔のうごきも

加齢に応じて、どんどんぎくしゃく

動きづらくなってくるようです。

が!

今の若い方は、本当硬い方が多いです!

要注意。スマホの影響が大きいのか・・・

骨盤の弾力性が失われると

人と人との関係、距離感も

うまくとれない、バランスがわるくなっていきます。

恋愛にも、骨盤は影響しています!

(近々、いい恋愛と骨盤をテーマに書きますね。)

骨盤に弾力を!!何をすればいい?

骨盤の動きは、加齢とともに

硬くなるという話。

でも、これを予防する手だては、日常たくさんあります。

骨の動きがわるくなるということは

筋肉が硬くなるということ。

骨を覆っている、筋肉の状態さえ

質の良さをキープしながら、

衰えないようにしていく

一つ、簡単にできる寝る前ワークがあります。

秋からは、その寝る前の自力整体を中心に

お伝えしていきたいと思います。

骨盤や脚が気になる方は、

自力整体教室もしくは、

サロンにて、お伝えしております。

 

お顔&骨盤

ここの連動性を感じながら

集中力を高めて、

いい恋愛を

いいお仕事を

そして、いい暮らしを☆

【Own Treat 】 スウェーデンマッサージ&フェイシャル サロン
-good care, good design-

はた 10:00~20:00 不定休
はた 滋賀 JR彦根よりお車で15分
  

はた感覚をみがくと人生がかわる

スウェーデンマッサージ・アロマフェイシャル
マインドからあがる☆セルフリフトアップ講師(星くるみ監修)
自力整体ナビゲーター

骨盤バイオリズム vol.3

 

本日は、季節ごとのうごきについて

C00297-001N

日本には四季があって

だからこそ、日本人は感覚が豊かになりやすくて

その移ろいに、身も心もあわせて、調整してきた

生きる術が生まれ、育ってきたのだと感じています。

日本が日本であるのは、

なんとなく、四季の変化が大きくて。

逆に四季の敏感じゃなくなってしまったら、

身体の調整力も失われ、

心の豊かさというか、情緒も何も失われていくのかなと

思うと、かなり危機感を感じます。

先日、ひぐらしの声がきこえてきて

いいわーって反応する人がいなくなってきたなっていう話をしていました。

ひぐらしの声を味わえる感性というか、

この音に、反応したり、心、動かされる人がいなくなってきたっていう

寂しい現実。

続きを読む

便秘→下痢→便秘をストップ!する3つの行動

夏のあったかエネルギーが
身体をポカポカ満たせなくなって
心身
特に、胃腸が、オーバーワークになったとき、
腸がずど〜んと下がっている感覚。
内臓の機能がさがると、
胃腸がおっこちていきます。
内臓をささえる筋肉がおとろえて、
下半身が、重くなっていってしまいます。
そして、特に最近よくきくのが、
下痢→便秘→下痢→便秘
をくりかえすタイプの方

続きを読む